オーディオ機器・ビジュアル機器・音響機器の【(有)ケンズトレーディング】

 

取扱商品
組み合わせプラン
新製品速報
中古品速報


 かごの内容を確認



















 
商品検索
 
  商品詳細  
 

◎大幅値下げ! 様々な用途に対応する薄型制振ボード (1.4o厚タイプ) ◎お振込特典有り!

商品名:SUNSHINE / ABA B-50 (未使用品)
価格:5,400 円

在庫数:4 数量:

★販売価格は税込表記です。

◎お振込特典有り!
◆お支払い方法=お振込限定で、表記の価格よりさらに5%お値引きいたします!
◆お値引き後の価格は受注承諾メールにてご案内いたします。

◆受注承諾メール(二度目のご案内メール)の正常な受信のためには、迷惑メールフィルター機能等をいったん解除してお枯れることを推奨します。

◎本製品の送料は受注承諾メールにてご案内いたします。

◎現金お振込¥15,000以上(税別)のお買い上げ合計で送料無料。
◎代金引換配送¥20,000以上(税別)のお買い上げ合計で、送料無料。(代引手数料はお申し受けいたします)
◎クレジットカード払い¥25,000以上(税別)のお買上げ合計で、送料無料。

◆現品は未使用新品です。
◆在庫限定のお買い得品になります。


サンシャインがプロデュースするABA(アバ?否エービーエー)というブランドの薄型制振ボードで、今や知らない人がいないほど。
ラインナップはAシリーズ(厚さ0.6o)とBシリーズ(厚さ1.2o)の2種類があり、本製品はBシリーズの最大サイズです。

この製品の素材は同社お得意の純マグネシウムではなく、鉄・アルミ・亜鉛の薄型化した合金シート2枚の間に特殊な樹脂系制振材を挟み込む形で成形されており、マグネシウム系の製品とは異なり、ずっしりした重さがあります。

実際に使用してみると見た目の薄さとは全く裏腹に振動吸収効果が非常に高いことが判りました。
このボード(シート)を指で弾いてみると『ボソッ』という短く鈍い音がするだけ、振動が即座に収束する事が判ります。

このシートをいろいろ試してみた結果、製品に相応しい使用例と思われるものをご紹介してみましょう。
いまだに多くのオーディオファンがご使用中と思われる木製ラックの場合、この棚板に直接機器を設置するのが普通だと思いますが、弊社でQUADRASPIRE社製ラックの棚板(合板)にこの薄型ボードを敷いてから機器を設置してみました。
すると比較的軽量なCDやプリアンプの場合ではもちろんのこと、重量のあるパワーアンプでさえ大音量時の騒々しさが一段と減少するばかりか、微弱音時の鮮明度(特に低音方向)が誰が聴いても判るほど明らかに向上いたしました。
これは恐らく棚板の微振動がこのボードに殆ど吸収されてしまったからと考えられます。

試しに制振シートを敷いた状態の棚板は、指で弾いてもゴツッと低く短い音がするだけで木製合板特有のコーンという音がいたしません。
また本製品は機器側で発生する微振動吸収にも大きく貢献するようです。
試しに放熱を気にしなくて済むCD等の機器の天板に別の本製品を載せてみると、その効果はまさに倍増する感じです。
見栄えを気にしなければその様な使い方も可能な製品です。

そして仕上げはもちろんアナログプレイヤーで試してみました。
ハウリングマージンの高さで定評あるトーレンスのスプリングフロートタイプでは、ハウリングマージンそのものには大きな変化が無いことが判りましたが、再生音は低音域を中心に明らかに変化いたします。
特にこのタイプのプレイヤー特有の余分なエコー感はグンと抑制され、逆に瞬発力はアップして楽音の凛々しさやダイナミック感が俄然引き出されてくるのが判ります。
また余分なエコー感が減少すると音がドライになる危惧は全く感じられず、かえって全音域で瑞々しさや艶やかさが増したように感じられるのです。
この価格のアクセサリーでこの効果(結果)は普通ではなかなか考えられないことだと思います。

他にも、薄型のAタイプと組み合わせたり、また重ね合わせて併用したり使い分けると面白いと思います。
このBタイプの場合、薄型のAタイプと比較すると単独使用では明らかにこちらに軍配が上がるのですが、シートの2枚重ねを行うとAタイプが生きてくる場合があるのも発見でした。
とにかく安くて結果がよいのですから理屈抜きにスグレモノだと思います。
ラックに限らず各種アンダーボードとの併用など、様々な使い方を皆様で是非工夫してみてください。
特にアナログ系では、低周波振動に対してマグネシウム系よりも大きな効果を実感できた次第です。


●サイズ:W490×D445×H1.4o

希望小売価格:¥9,500(税別)

 











 

 
 

(c)copyright Kens Tradig Corporation 2004