オーディオ機器・ビジュアル機器・音響機器の【(有)ケンズトレーディング】

 

取扱商品
組み合わせプラン
新製品速報
中古品速報


 かごの内容を確認



















 
商品検索
 
  商品詳細  
 

独自の導体を投入し、フルテックのケーブル技術を駆使した最高峰のフォノケーブル (ストレートDIN〜RCA) ◎お振込特典値引き有り!

商品名:FURUTECH Silver Arrows-II (S-DIN/RCA)-1.2m
価格:152,000 円

在庫数:9 数量:

◎お振込特典有り!

◆本製品はお取り寄せ商品です。納期は受注承諾メールにてご案内申し上げます。

◆サイト内に表記の『在庫数』は『ご注文数』の誤りです。訂正してお詫び申し上げます。

◆お支払い方法=お振込限定で、表記の価格よりさらに5%お値引きいたします。お値引き後の価格は受注承諾メールにてご案内申し上げます。

◆受注承諾メール(二度目のご案内メール)の正常な受信のためには、迷惑メールフィルター機能等をいったん解除しておかれる事を推奨します。

◎本製品は送料無料で全国発送を承ります。但し代金引換配送の場合は代引き手数料をお申し受けいたします。


ちょっとしたカートリッジが買える値段のフォノケーブルですから、本製品は間違いなく高額品です。
しかし単なる高額品ではなく、高額だがその価格に見合う以上の付加価値があるのなら、それは一生ものにつながる可能性があります。

本製品の前身は、高度に加工処理された純銀線のシルバー・アロウズですが、新製品ではその導体が進化!
純銀線ではなく、OCC素材に銀を調合した『銅銀合金導体』を採用したのが大きな特徴です。
またシールドは前作同様三層構造ですが、導体構造と合わせてより最適化を図ったとしています。

さてアナログ再生の場合、アナログに取り組む多くのファンの方々が既に体験なさっている事ではありますが、もう一度おさらいをしておきましょう。
アナログ再生の品質やパフォーマンスとはどのように引き出されるのかについて、アナログは音質を決める要因があまりに多くあります。

まずは土台となるターンテーブルとトーンアーム。これがしっかりしていないと話にならないのはいうまでもありません。
そして音色や表現力に最も影響を与えるのがカートリッジ。
カートリッジについては最も多くの方が着目するのも当然ですね。
普通はここまででもアナログ再生機器に投資した価値が出てくるので、カートリッジを良くすれば満足してしまう場合が多いのです。
しかし、です。
ここまでで本当にカートリッジのポテンシャルが出し切れているか?と問われれば、答えは『否』であります。

CDやアンプ等の信号伝送経路と較べると、フォノカートリッジで生成された信号レベルは圧倒的に小さく、導体の性質やシールドの性能に、想像以上に左右されてしまうことを、長年の体験上理解させてくれました。
この信号経路上にある導体といえば、まずはシェルリーF線であり、そしてトーンアームの内部配線であり、そして信号をMCトランスやアンプに導くフォノケーブルなのです。

本製品を接続して各種カートリッジで演奏してみると、カートリッジの表現力を一段も二段も豊かに伝えてくるのが実に良く感じられるのです。
この事は低価格のMCカートリッジでもさらに具合が良くなるのですが、各社ご自慢の高級MCカートリッジでは、プロ用大判カメラで切り取ったような、現実感の強い高精細な画像と自然な遠近感が得られるのに似た素晴らしい音場表現に通じてくれますので、当方のみならず多分多くのアナログファンがハマルのではないかと思わます。

また新Silver Arrows IIシリーズは、とにかく引っ掛かるものが何も無いかの如く音楽がスムーズにあふれ出してきます。
しかもSNの良さでも群を抜いていて実にニュアンス豊かです。
それも一部の多種導体を使用したチューニングケーブルのように意図的な音色感の演出を全く感じさせないのが素敵です。
それでいて美しく純度の高い音は本当に絶品!
本当のスッピンの美しさとはこの様な音質を指し示す表現なのでしょうね。

また一般的なフォノケーブルよりも、聴感上音圧感が僅かに上がるのも、シルバーアローズシリーズの特徴です。
良し悪しは別として、レコードの録音状態やカートリッジの潜在能力を顕著に引きだしてくるのです。
ということで、音楽ジャンルを選びませんので、クラシックのみならず、ロックやジャズも大変楽しく聴けました。

さて話を少し戻しますが、シルバーアローズIIが高いのか高くないのか?
人それぞれ判断基準は違うでしょうが、例えば十数万円〜数十万円もする高級カートリッジをお持ちの方であれば、表現の変化に期待して、追加で更に高級カートリッジを買い足す事をまず考えるでしょうが、少し視点を変えてみると、シェルリード線やフォノケーブル、そしてMCトランスのグレードアップに投資してみると、手持ちのカートリッジが大化けする可能性が高いのも。これまた真実なのです。
この事を考え合わせれば、ケーブル類のグレードアップは必ずしも高い買い物にはつながらない! というのが弊社の見解です。
皆様もチャンスがあれば是非トライしてみていただきたいフォノケーブルです。

最初は清水の舞台から飛び降りたつもりでも、それがオーディオ桃源郷への入り口だった事に後から気付かされるかも知れませんよ。(笑)

なお本製品が採用するDINコネクターは胴体部分が標準的な太さであり、往時のFRやSAEC、AUDIOCRAFTといったアームを始め、最近の(コネクター部を備えた)殆どのアームにご使用可能です。
またSMEアーム用にはRCA〜RCAタイプも用意されています。

また旧型と新型との音色的な違いに興味をお持ちの方も多いと思いますので、一言だけ付け加えますと、新型では音色にほのかな暖かみが感じられる場面が多く、有機的な音色にますます磨きがかかった様に感じられました。
これは恐らく新導体の効果であるなと思った次第です。


●ケーブル芯線素材:銅銀合金のα-導体
●ケーブル構造:3層シールド構造
●ケーブル径:10.0mm
●DINコネクター:接点部=非磁性体燐青銅にダイレクト・ロジウムメッキ/ステンレス削出し+カーボンファイバー仕上げのハウジング部
●RCAプラグ:接点部=α- OCCにロジウムメッキ/カーボンファイバー製アウターケース
●L型DINコネクター(Silver Arrows-II-L用):接点部=非磁性体燐青銅にダイレクト・ロジウムメッキ/ステンレス削出し+亜鉛混合のアルミ合金
●ケーブル標準長:1.2m

希望小売価格:¥184,000(税別)

 











 

 
 

(c)copyright Kens Tradig Corporation 2004