オーディオ機器・ビジュアル機器・音響機器の【(有)ケンズトレーディング】

 

取扱商品
組み合わせプラン
新製品速報
中古品速報


 かごの内容を確認



















 
商品検索
 
  商品詳細  
 

300Bシングルアンプの頂点を目指した大注目のモノラルパワーアンプ (出力管装着の標準仕様)

商品名:上杉研究所 U-BROS-300 (2台ペア)
価格:895,000 円

在庫数:4 数量:

★販売価格は税込表記です。

★サイト内に表記の『在庫数』は『ご注文数』の誤りです。お詫びの上。訂正させていただきます。

◆本製品はお取り寄せ商品です。
納期は受注承諾メールにてご案内申し上げます。
上杉研究所製品の場合、正式受注後に組み立て調整とエージングを行う関係上、納期は通常で約10日間〜2週間程度を要します。

◎本製品は送料無料にて全国発送を承ります。

◆本製品は、代引配送、クレジットカード払いは承れません。
◎低金利・分割払い(1回〜60回払い)がご利用いただけます。
ご希望の方はお手数でも、メールかお電話でその旨お知らせ下さい。通常の契約書によるお申し込みの他、インターネット上からも即日、簡単にお申し込みができます。


老舗の真空管アンプビルダー上杉研究所から、待望の直熱三極管300Bシングルパワーアンプがモノラル仕様でついに登場しました。

同社には過去にもシングル、プッシュプルの300Bアンプがありましたが、高品質な300Bが入手できなくなったことが理由で、U-BROS-27ステレオアンプを最後に、300Bアンプは途絶えたままでした。
この事は、故上杉佳郎氏の理念をご承知の方なら理解できるのですが、同社の場合製品に使用する真空管は例外なく信頼性の高い高品質なものであり、それをさらに自社で選別するといった徹底ぶりなのです。
この様な真空管アンプビルダーはまさに例外的なのです。

さてその様な上杉研究所の哲学に則って新設計された今回のU-BROS-300ですが、注目点はもちろん搭載する真空管にあります。
300Bとしては現在世界で最も信頼性が高い真空管として同社が認めたのが、高槻電器製作所の製品です。
オリジナルの型番はTA-300Bでご存じの方もあると思いますが、この真空管は同社50周年記念事業の一環として開発されたものであり、かつて松下電器の真空管製造を担っていた精密な技術力を活かして、日本の物作りの高い技術やオーディオ趣味の奥深い楽しみを世に問うものなのでしょう。
今どき採算度外視で超高品質な真空管を製造するメーカーの心意気を讃えたいと思います。

さて上杉アンプの場合、このTA-300Bですらそのまま採用しているわけではありません。
同社で時間をかけて十分エージングを行い、さらに選別したスペシャルを搭載しているのです。その証拠にこの真空管にはUESUGIのブランド名がプリントされています。
すなわちU-BROS-300はさらに高い信頼性と最高のスペックを得たTA-300B(メーカー型番はU-300B)が搭載されているのです。

さて本製品を語り出すと実にきりがありません。
すなわち技術的な見所が大変多いのでとても頁が足りません。
もしご興味がある方は弊社にメールで問い合わせいただければ、メーカーが準備した技術資料をPDFファイルでお送りします。
ここでは主に使い勝手の上に立ったポイントをご紹介いたしましょう。

まず本機の場合、一般的な自己バイアスのシングル出力ではなく、音質優先の固定バイアス方式のA2級動作により、大出力の12Wを安定的に出力することに成功しています。
このパワーは、一般的な300Bシングルアンプが6〜8W程度であることを考えますと異例の大出力です。
もちろん動作点を監視する万全の保護回路など抜かりはありません。

さて固定バイアス方式で問題なのは、出力管を交換した場合、真空管個々のバラツキに合わせるためバイアス調整が必要になるのですが、本機の場合、必要なプレート電流(バイアス電圧)調整を付属のメーターを確認しながら調整することが出来る様になっています。
これによりユーザーご自身で他銘柄の300Bとの差し替えも行うことを可能としました。
真空管の定格をフルに発揮できることから音質面で有利な固定バイアス方式をこのように身近にしてくれた点は大いに評価されて良いでしょう。

本機のアンプとしての特性ですが、とにかく驚くのはノイズが少ないこと。真空管に起因するシャーノイズはもちろんのこと、残留ハムノイズも異例なほど少ないのです。
これは真空管の選別と電源部の入念な設計に起因するものと思われます。
300Bシングルアンプをご使用になる方の多くは高能率なスピーカーをご使用になる方、あるいは小音量はの方だと思いますが、中には能率100dBに達するホーン型ユニットを直接駆動する、いわゆるマルチアンプシステムに導入なさる方も多いと聞きます。
この様な場合、本機のノイズの少なさは本当に有難味が実感できる場面です。

ノイズの話が先になって恐縮ですが、音質面では300B出力管の美味しい面が心ゆくまで味わえる素晴らしい仕上がりになっています。
リニアリティの高さは群を抜き、高槻製真空管の良さである音の瑞々しさ、若々しさ、それに加えて透き通るような色香に溢れる艶っぽさを存分に表現。
そしてとても12Wのアンプとは思えない伸びの良さと開放感。
一方で極小音量の鮮明さは群を抜き、音量を絞っても音楽の神髄を伝えてくれる数少ないアンプと実感しました。

さて上杉研究所といえば永年タムラトランスを使っていたことで知られていましたが、数年前にタムラ製作所と決別し、その後アイエスオー社製に変更したものの、同社は最近廃業してしまいました。
そこで今回の製品は、電源トランスとチョークトランスを自社製に、出力トランスを老舗橋本電気の特注品に変更しているのが注目点です。
いずれも技術的にかなりの工夫が凝らされた逸品といえるものであり、上杉研究所製品の高い信頼性を支えるに十分なトランス類であります。

U-BROS-300は伝統の堅牢なシャーシーに職人技の美しい手作業配線(一部は基板使用)は相変わらずであり、伝統の技と最新技術が高次元で融合した名作アンプと称しても過言ではないと思います。
一人でも多くのオーディオファイルに本機の素晴らしさを味わっていただけることを願ってやみません。


●形式:真空管式シングル出力モノラルパワーアンプ
●入力感度(最大出力に要する入力電圧):0.655V (Gain:MAX)
●入力インピーダンス:50kΩ(Normal,Direct 入力共)
●最大出力(THD:5%):12W
●適合スピーカーインピーダンス:4Ω,8Ω,16Ω 各々の端子選択による
●電圧利得(8Ω負荷時):23.5dB(MAX) 17.5dB(-6dB) 11.5dB(-12dB)
●残留雑音出力値(A-NET):0.1mV 以下
●ダンピングファクター(8Ω負荷時):3
●周波数特性:10〜45kHz(+0,-3dB)
●消費電力:65W(AC100V 50/60Hz)
●入出力端子
RCA PIN 入力端子(Normal 並列,Direct)
バナナプラグ対応スピーカー出力端子
●機能
HPF 回路(fc:150Hz)
Normal 並列出力
●最大外形寸法:W310×H190D×220
●質量:14.8kg/1台
●付属品:ACパワーケーブル、プレート電流調整用ドライバー
●別売オプション:真空管カバーG300(税込¥23,100/2台分)

希望小売価格:¥980,000(2台ペア、税別)

★出力管無しの仕様もあります。
U-BROS-300L
¥860,000(2台ペア、税別)

 











 

 
 

(c)copyright Kens Tradig Corporation 2004