オーディオ機器・ビジュアル機器・音響機器の【(有)ケンズトレーディング】

 

取扱商品
組み合わせプラン
新製品速報
中古品速報


 かごの内容を確認



















 
商品検索
 
  商品詳細  
 

ファンの要望に応えてEMT伝統の昇圧トランスが単体製品化されました ◎お振り込み特典有り!

商品名:EMT EST10 【正規輸入品】
価格:256,000 円

在庫数:4 数量:

★販売価格は税個も表記です。◎お振込特典有り!
◆お支払い方法=お振込限定で、表記の価格よりさらに5%お値引きいたします!
◆お値引き後の価格は受注承諾メールにてご案内申し上げます。
◆受注承諾メール(二度目のご案内メール)の正常な受信のためには、メールフィルター機能を必ず解除しておいてください。
◆本製品はお取り寄せ商品で長期間の納期を要する場合がございます。納期は輸入元確認の上お知らせいたします。
◆サイト内に表記の『在庫数』は『ご注文数』の誤りです。訂正してお詫び申し上げます。
◎本製品は送料無料で全国発送を承ります。
【EMT製品のお支払い方法】
★代引き配送=不可
★クレジットカード払い=可
◎低金利・分割払い(1回〜60回払い)がご利用いただけます。
ご希望の方はお手数でも、メールかお電話でその旨お知らせ下さい。
通常の契約書によるお申し込みの他、インターネット上からも即日、簡単にお申し込みができます。
EMTカートリッジの代名詞ともいえるのがTSD15。
発電機構がステレオになり今の形状になってから既に35年以上も基本形を変えないところはオルトフォンSPUと相通じるものがあります。
もちろん内部ユニットはその時代時代に合わせて最適化されながら生産され続けたのは、主にドイツを中心とするヨーロッパの放送局用途と、もう一つが我が国のオーディオファイルに代表される熱烈なEMTファンの存在が有ったればこそといえるでしょう。
バリエーションモデルであるXSD15やTMD25などもTSD15が母体であることは言わずもがなです。
さてこのTSD15の場合、コネクターがEIA規格の4ピンを90度捻った形状のため一般的なユニバーサルアームでは(アダプターを介さないと)使用できず、EMT製の専用アームで使用することが前提でした。
このアームを単品で入手して使用していた方もありましたが、TSD15の場合専用アーム搭載のプレイヤーシステムであるEMT930やEMT927で使用するのが最高と言われ続けてきました。
それもそのはず、プレイヤーシステムにはフォノイコライザー(155st)が搭載済であり、そのフォノイコライザーにはTSD15との接続使用で最適化がはかられた専用トランスが内蔵されていたのです。
この専用MCトランスは永年に渡り門外不出でありましたが、この度EST10として単品販売されるに至りました。
これは主に業務用途よりも個人ユーザーからの要望が多かったからと推察しています。
さて従来EMTには単品トランスが無かったわけではありません。
30年ほど前にSTX-20という型番で前述の内蔵トランスと同等品が短期間発売されたことが実はありました。
当時のEMTエージェントである河村電気研究所が若干数輸入したのですが、残念ながら程度の良いものは殆ど現存していないようです。
弊社にもSTX-20が中古で入荷したことがありますが、内部を見てみるとやはり腐食が進行しており完全な状態とはとてもいえない代物でした。
さて現在のEMTの状況は?と見渡しますと、汎用アームで使用可能なXSD15の方が主流であるようです。
これなら専用プレイヤー・専用アームでなくとも殆どの汎用アームを搭載するレコードプレイヤーで使用可能だからです。(弊社にもあり)
しかしXSD15をEMTプレイヤー以外で使う場合に大きな不満がありました。それは内蔵トランスのような低重心で濃厚な独特の個性があまりに希薄になってしまうことなのです。
そういうことがあってか、本機EST10の発売(レギュラーモデル化)には当方としても大賛成です。
これでまたあの濃厚な図太いサウンドが味わえるのかと思うと、早くも心はステレオ初期に録音された名盤の数々が頭の中を駆け巡り出すのです。
さてEST10の場合厳密に言えば内部インピーダンス24ΩのTSD15やXSD15用なのですが、多くのオーディオファイルは他のMCもお持ちでしょう。
そこで弊社の体験によるコメントを付け加えておきますと、この昇圧トランスの場合、ハイインピーダンス型はあまりお薦めできません。またマイソニックラボのような超低インピーダンス型もあまりお薦めではありません。何故か精彩感を欠いてしまうのです。
公称内部インピーダンスが3Ω以上のものなら十分持ち味を発揮してくれますが、DENON等の40Ωでは突然派手目なサウンドとなり、少々しっくり来なかった点はお伝えしておきたいと思います。もちろんそれが好きな方ならそれでもOKなのがオーディオの趣味の世界です。
●型式:MCカートリッジ用ステレオステップアップトランスフォーマ
●周波数帯域:30〜20,000Hz
●昇圧比:1対10
●インピーダンス:1次側80〜170Ω、2次側10kΩ
●接続端子:1次側/2次側RCA
●アース端子:バナナプラグ用(入力側)
●外形寸法:W103×D185×H42mm
●重量:0.5kg
希望小売価格:¥250,000(税別)

 











 

 
 

(c)copyright Kens Tradig Corporation 2004