オーディオ機器・ビジュアル機器・音響機器の【(有)ケンズトレーディング】

 

取扱商品
組み合わせプラン
新製品速報
中古品速報


 かごの内容を確認



















 
商品検索
 
  商品詳細  
 

上杉アンプの実力をあらためて証明して見せた、最新モノーラルアンプU-BROS-33MK2登場 (2台ペア) ★生産完了・在庫完売★

商品名:上杉研究所 U-BROS-33MKII (LR/Pair)
お問い合わせ

お取り寄せ

◎本製品は送料無料にて全国発送承ります。◆本製品はお取り寄せ商品です。
上杉研究所製品の場合、正式受注後に組み立て調整とエージングを行う関係上、納期は通常で約10日間〜2週間程度必要です。
またメーカーの生産計画の関係で納期一ヶ月以上を要する場合もございますので、予めご了承下さい。
◆本製品は、代引配送、クレジットカード払いは承れません。
◎低金利・分割払い(1回〜60回払い)がご利用いただけます。
ご希望の方はお手数でも、メールかお電話でその旨お知らせ下さい。
通常の契約書によるお申し込みの他、インターネット上からも即日、簡単にお申し込みができます。
2008年末に断腸の思いで生産を完了したU-BROS-33。
それは同社パワーアンプに搭載するタムラ・トランスのとてつもなく大幅な値上げが理由であり、もちろん製品を大幅に値上げすれば生産続行することも可能であったわけですが、上杉佳郎氏は大幅値上げはユーザーに対して失礼であるとの判断から潔く生産を完了させたのがその真相です。
生産完了に際し次期モデルの構想がまだ無かったことから、当時は『後継機種の発売予定無し』とアナウンスしておりましたが、これは本当の話です。
MK2モデルの構想が急きょ出てきたのは2009年早々のことらしく、タムラ・トランスに代わって上杉ポリシーを貫ける良質なトランスとしてアイエスオー・トランス(ISO)との出会いがあり、上杉佳郎氏がアイエスオーにぞっこん惚れ込んだことから、堰を切ったかのようにMK2化のプロジェクトがスタートしたのだそうです。
アイエスオー・トランスというと耳に馴染みがない方が多いかも知れませんが、タンゴ(TANGO)といえばもうお判りですよね。
TANGOブランドそのものは既に消滅してしまったものの、真空管時代に世界を席巻したTANGOブランドを残そうと立ち上がった有志が設立したブランドであり、実際製品シールにはISO/TANGOと記載されているのです。
すなわちアイエスオー・トランスは世界に通用する製品クォリティと由緒ある血統を持ち、タムラに負けず劣らずの製品としてその筋では知られていたわけです。
またアイエスオー・トランスを上杉アンプに搭載するため、上杉氏が要求する定格を全て満たせるよう専用開発されたトランスが、最新MK2全機種で採用されているのは言うまでもありません。
さて上杉研究所製アンプの設計思想について少し触れておきましょう。
同社製品の場合、どんなに素晴らしいアンプ部品であっても、ユーザーの手が届かないような高額アンプになってしまうような部品の搭載は伝統的に行われておりません。
すなわち我々がちょっと無理すれば買えるような価格のアンプの提供を目指しているのです。
その逆に真空管に関しては、上杉氏が過去に収集した信頼性の高い真空管全盛期のものしか使われておりません。
上杉アンプで定評ある信頼性・耐久性の高さについては、ひとつにはこの優秀な真空管が大きくものをいっています。
そしてもう一つには、ゆとりある設計を実現していることがその裏付けとなっています。
すなわち、@不必要な大出力をギリギリまで絞り出さない A真空管の定格を押さえて使うことにより発熱を最小限に抑える Bシャーシー内部の部品レイアウトに余裕を持たせ、発熱の影響を最小限にする C信頼性が低く音質劣化の要因であるプリント基板を使わない・・・等々が同社の代表的な設計思想です。
さて一連のパワーアンプ新製品のうち、このU-BROS-33MK2の場合、前作と回路構成や設計思想がほぼ同じとのことです。
しかし出力管は前作の2本に対し新型は4本。
これは出力管EL34を三極管結合のパラレル・プッシュプルとし、大出力よりも微少な出力領域からのリニアリティの良さを狙ったものであり、出力は前作よりも僅かに小さい30Wを得ています。
しかしU-BROS-33でもそうでしたが、強力な電源回路を搭載する恩恵で、聴感上の力強さは並の100W〜200W級トランジスタアンプを凌ぐのはまず間違いないでしょう。
本機の出力段構成とよく似た製品が過去にありました(U-BROS-23)が、出力は平凡であってもスピーカーを支配下に置く力は並はずれていたことを思い出してしまいました。
さて上杉アンプの伝統として、旧型より出来の悪い新型は死んでも出さない(笑)というのがあります。
上杉氏が実際その様に仰った訳ではありませんが、過去の経緯から弊社はそのように捉えているのです。
すなわち自社製品のあくなきクォリティ追求の姿勢が先行し、ビジネス優先の姿勢では決してないということです。
このU-BROS-33MK2は上杉アンプの集大成でもあり、特にPA然とした無用な大出力よりも使える中身の濃い出力特性を持つ点で、一般家庭におけるユーザー様の受ける恩恵が大な製品である事は間違いありません。
クラシックに良し、ジャズに良し、大型ホーンスピーカーに良し、小口径フルレンジスピーカーに良し、まことにもって隙のない守備範囲の広いアンプであると同時に、真にユーザー本位の心意気のこもった数少ないオーディオ製品の一台であると思います。
●出力段構成:EL34三極管結合・パラレルプッシュプル
●基本回路構成:ムラード型 ※オリジナルのムラードは初段にに5極管を採用するが、大きなゲインが不要で、3極管採用により高域特性を改善
●ドライバー段/位相反転段:カソード結合型
●電源部:チョークコイルとブリッジ整流回路構成
●出力端子:4Ω、8Ω、16Ωの3系統
●入力感度:640mV/フル・パワー
●入力インピーダンス:約100KΩ
●連続最大出力:30W
●出力インピーダンス:4、8、16Ω
●周波数特性:5Hz〜100KHz(-3dB)
●歪み率:0.1%
●ダンピングファクター:12(ON-OFF法にて測定)
●残留雑音:0.15mV以下(高調波成分一切含まず)
●消費電力:140W/1台
●寸法:W318×H199×D230mm
●重量:約17.0Kg
希望小売価格:¥760,000(2台ペア、税別)

 











 

 
 

(c)copyright Kens Tradig Corporation 2004