オーディオ機器・ビジュアル機器・音響機器の【(有)ケンズトレーディング】

 

取扱商品
組み合わせプラン
新製品速報
中古品速報


 かごの内容を確認



















 
商品検索
 
  商品詳細  
 

半導体による前段、段間トランス、EL34出力段による緻密な構成のハイブリッド・パワーアンプ

商品名:Aurorasound PADA
価格:899,000 円

在庫数:6 数量:

★販売価格は税込表記です。

◆本製品はお取り寄せ商品です。納期は受注承諾メールにてお知らせいたします。

◆サイト内に表記の『在庫数』は『ご注文数』の誤りです。訂正してお詫び申し上げます。

◆受注承諾メール(二度目のご案内メール)は弊社汎用アドレスから送信いたします。このメールの正常な受信のためには、迷惑メールフィルター機能等を解除しておかれるよう推奨いたします。

【本製品のお支払い方法】
●クレジットカード払い=不可
●代金引換配送払い=不可
◎低金利・分割払い(6回〜60回払い)がご利用いただけます。
ご希望の方はお手数でも、メールかお電話でその旨お知らせ下さい。通常の契約書によるお申し込みの他、インターネット上からも即日、簡単にお申し込みができます。

◆本製品は送料無料で全国発送を承ります。


2015年12月に登場した新機軸のハイブリッド方式パワーアンプ。

シャーシーに合計8本のEL34出力管が装着されていることから、誰が見ても真空管アンプですが、面白いことに初段はディスクリート構成のトランジスタ方式である事です。
初段を真空管方式にするよりもノイズ面でかなり有利になることから、総合的にS/Nを改善する目的なのでしょう。

出力段はEL34を左右合計8本使用した無帰還パラレル・プッシュプル方式であり、これを三極管接続としてクォリティと出力の両立をはかっています。

また面白いのは前段のトランジスタ回路と後段の真空管回路を段間トランスで結合していることで、量産品では珍しい構成となっています。
そして出力トランスとチョークコイルはルンダール社製のカバーレスタイプであり、ガラスカバーで保護された外観は一般的な真空管アンプのそれとはかなりイメージが異なり、すっきりした印象です。

本機が搭載する出力管EL34はテレフンケン・ブランドの刻印がなされていますが、もちろん往時のオリジナルドイツ製ではありません。
いまや真空管の一大産地となっているスロバキア製であり、これを現在アメリカ国内にあるテレフンケン・アコースティック社が選別し刻印したものだとか。
テレフンケンというブランド名の魔力は今でも生きているのですね!

それはともかく肝心の音はどうなのでしょうか?
実は本機をご購入頂いたお客様より運良くご招待があり、幸いにもご自宅オーディオルームでじっくり試聴させて頂くことが出来ました。

本機に組み合わせるプリアンプはアストロ電子の管球式。
丁度手放す前のマランツ製のトランジスタ方式セパレートアンプのセットがまだ置いてありましたので、勢いそのセットとの比較試聴と相成りました。スピーカーはB&W802-Dです。

まず今までお使いだったマランツアンプで一通り聴かせて貰いました。
これはこれで穏やかな世界で平和的であり、普通に聴くなら問題ないでしょう。

しかしその後アストロ+PADAに切り替えてみたところ、ガラッと表情が一変!
それまですました綺麗なだけの演奏音が突然生気を帯び表情豊かになったのです。お客様もこの大変化にはびっくりなさったそうです。
アストロ電子の管球式プリアンプとの相性も抜群に良く、音楽の演奏表現が良い意味で生き生きと活発になりました。
ちなみにプリアンプにオーロラサウンド製のPREDA(プリダ)を組み合わせて以前テストした際には、もう少し音が曇った印象でした。

視聴中の推定ですが、このPADAの場合、音の重心が高からず低からずで、真空管方式の出力段とは思えないようなフラットレスポンスとシャープな反応を実現しているようです。
一般的に真空管アンプを好むユーザー様の場合、低重心である事を重視なさる場合が多いものの、スピーカーB&Wの持ち味から本機がマッチしたことも快適なサウンドの一因だったと思います。

さて本機が採用するEL34出力管ですが、もともとこの球は彫りの深さというよりもフラットで潔癖なサウンドである事が持ち味。
往年のマランツ♯8Bや♯9といった名機にも搭載されていましたのでご存じの方が多いことでしょう。

この出力段にルンダールの裸トランスが組み合わされ、トランジスタの前段が組み合わさることで、新感覚のアンプとして生まれたのがこのPADA。
どちらかといえば古典的というよりも明らかにモダンな感覚です。
活発でリズミカルなサウンド。それでいて雑味が少なくクリーンであり、独特の感覚を持っていました。

このようなわけで、古典的なスピーカーを鳴らすのに向いているかと問われると、これだけはやってみないと判らない・・と答えるしかありませんが、B&Wがトランジスタアンプ以上にそれらしく鳴ったことは事実であり、結構モダンなスピーカーと相性良いんだなと思った次第です。
そういえば本機で木曽アコースティックスのスピーカーを鳴らしてらっしゃるお客様もいらっしゃいました。

なおこれはまだ試していませんが、PADAの出力管には、大出力管KT150も差し替えで搭載可能とのこと。
この場合は出力管を左右2本ずつのプッシュプル&三極管接続になるそうです。
EL34とKT150ではかなり持ち味が異なりますので、チャンスがあれば是非試してみたいと思っております。


【主要諸元】
●入力:RCAアンバランス またはXLRバランス
●入力インピーダンス:56kΩ
●最大出力:43W+43W(8Ω負荷)
●ゲイン:31dB
●周波数特性:20Hz〜30kH, -1.5dB
●THD+N:0.05%(1kHz, 5W時)
●入力換算ノイズ:-114dB, 80uV以下 入力ショート
●各種機能:RCA/XLR入力切替SW, 入力MUTE SW
●標準使用真空管:復刻版TELEFUNKEN, スロバキア製
●サイズ:W340mm✕D510mm✕H225mm
●付属品:ボンネットカバー
●重量:約23 kg

希望小売価格:¥980,000(税別)

 











 

 
 

(c)copyright Kens Tradig Corporation 2004