オーディオ機器・ビジュアル機器・音響機器の【(有)ケンズトレーディング】

 

取扱商品
組み合わせプラン
新製品速報
中古品速報


 かごの内容を確認



















 
商品検索
 
  商品詳細  
 

最高峰の38pウーファーとJBL公認汎用ボックスとの組み合わせです

商品名:GAUSS 5831 + Sansui /JBL EC-10 SET 【2台ペア、委託中古品】
価格:158,000 円

在庫数:1 数量:

★販売価格は税込表記です。

◆本製品は委託品のため別途送料をお申し受けいたします。送料はお住まい地域により異なりますので、受注承諾メールにてお見積もりいたします。

◆受注承諾メール(二度目のご案内メール)の正常な受信のためには、迷惑メールフィルター機能等をいったん解除しておかれることを推奨します。

★まことに申し訳ございませんが、本製品は委託品のためクレジットカード払いは承れません。
★代引き配送出来ません。
★大型重量級商品の為、一般的な宅配便が使えません。お届けにはチャーター便を手配いたしますので、お住まい地域や搬入条件に応じて送料をご負担頂きます。


【Gauss 5831 ウーファーについて】
スタジオモニターやHi-Fiユース向けに開発された31シリーズの38cmコーン型ウーファーで、磁気回路には強力無比ななアルニコマグネットを搭載。

振動系には、マルチコルゲーション付コーンやリニアリティに優れたエッジ、プッシュプル形状のダンパーを採用し。
駆動系には銅リボンのエッジワイズ巻きロングボイスコイルを採用。

発売当時、JBLオーナーの関心を大いにそそりましたが、特にダンピングの利いた腰の強い明瞭な低音と、重量感のあるパンチ力が大いに話題となり、その後オプトニカ(SHARP)のスタジオモニター用としても正式デビューしました。
このJBL/Sansuiのキャビネットとの相性もよく、大口径ウーファーとは思えない鮮やかな反応の良さを示してくれます。

◆現品は大事に扱われてきたワンオーナー品で、ウーファーユニットの状態は良好な部類です。
◆EC-10ボックスにはさすがに使用感があり、キズや塗装の劣化が全体的にありますが、箱のつぶれや凹みなどの大きなダメージはありません。
◆サランネットはありません。(元々別売品でした)
◆中古保証:無し。完動品である事は弊社で確認済です。


★定格★
●型式:シングルコーン型ウーファーユニット
●口径:38.10cm(15inch)
●インピーダンス:8Ω
●定格入力:200W
●推奨クロスオーバー周波数:800Hz
●出力音圧レベル:96.8dB
●fo:32Hz
●VC径:10.46cm
●有効磁束:278,000maxwell
●磁束密度:12,000gauss
●ボイスコイル材質:エッジワイズ巻き銅リボン
●奥行寸法:18.4cm
●取付けサイズ:フロントマウント=35.7cm/リアマウント=34.9cm
●重量:11.0kg/1台
●Qo:0.28
●Mo(振動系等価質量):113g
●搭載キャビネットト:内容積150L〜250Lの密閉型、またはバスレフ型エンクロージャーへのマウントを推奨

発売時希望小売価格:¥104,300 (1台、1978年頃)


【Sansui/JBL EC-10について】
スピカーユニットの性能を最大限に引き出すため、サンスイが企画してJBLと共同開発したエンクロージャー。

EC-10はJBLのプロ用ユニットを含む38cm口径ウーファー及びワイドレンジ型スピーカーをマウントできる構造になっています。
マウントできるユニットは、136A、130A、LE15Aなどのウーファー7機種と、D130をはじめとするワイドレンジ型スピーカー3機種の計10機種になります。

4本のパイプダクトが付属しており、マウントするスピーカーユニットの特性や部屋の条件に合わせてパイプダクトを交換することができます。ダクトの交換は4本のビスで行います。

エンクロージャーには厳選した材質を使用しており、高級素材である北欧産樺桜を用いた等厚合板を採用したバッフル板や、留め構造を採用しています。また、補強材には米松や黄楊を使用しています。

●型式:エンクロージャー
●内容積:222L
●外形寸法:幅590×高さ980×奥行470mm
●重量:48kg/1台
●付属:ダクトパーツ
●別売 EC-10用グリル G-10A(\10,000)

発売時希望小売価格:¥100,000(1台、1978年頃)

 











 

 
 

(c)copyright Kens Tradig Corporation 2004